義経伝説ルート

平安時代末期に勃発した「源平合戦」の初戦である「一の谷の戦い」の前哨戦が、加東市にある三草山の山麓でくり広げられた。この戦いに勝利した義経は、時代のヒーローに登りつめて、平家を滅亡させた。
加東市には、義経・弁慶にまつわる伝説がたくさん残っています。ぜひ訪ねてみて下さい!

このさか

この地は「不来坂」という変わった地名で、これも義経軍にちなむもの。進軍してきた義経が、このあたりで平家が待ち構えているだろうと思ったのに、来ていなかったので「平家不来(こぬ)坂」と言ったのが由来だとか。このあたりから義経軍はピリピリ臨戦態勢に入ったと思われます。【ブログ「風のように駆け炎のように迫る!義経、丹波路を往く」】

このさか

だごえとうげいちはら

だごえとうげいちはら写真

だごえとうげかみかもがわ

だごえとうげかみかもがわ写真

清水寺の北を篠山市今田町市原から加東市上鴨川までの最短の山道が通っていて、ここを「ただごえさか」といい、「只越坂」とも「多田越坂」とも書くと伝える。これは、義経軍がこの山道を越えるとき、周辺に火を放って「只難なく越えた」のでこの名があるとか、義経の道案内をしたのが多田蔵人行綱だったためなどとされている。前者は強引なこじつけであるが、多田行綱が義経軍に加わっていた可能性もあり、そのことをうかがわせる伝説とみることもできる。【社町史】

播州清水寺

清水寺には現在、「弁慶の碁盤」と称するものが伝えられている。碁盤の目の「2-十六」の位置に黒石がめり込んでいる。これは、弁慶が書写山(姫路市)にいた頃、清水寺に遊びに来て住職と碁を打った時、黒を持った弁慶がこの位置に打って負けたため、腹をたてて石をねじ込んだのだという。【社町史

播州清水寺の写真

だいとうあと

だいとうあとの写真

多宝塔(大塔)は
平清盛の武運長久を祈願して、祇園女御により建立されたと言われています。【播州清水寺
ホームページ】

やくしどう

創建は平清盛の義母「池の禅尼」。【播州清水寺ホームページ】

やくしどうの写真

御所谷(平家谷)

「只越坂」にたいして、平氏軍が陣取ったとして、上鴨川から馬瀬方面に1kmほど進んだあたりを「御所谷」とか「平家谷」と呼んでいる(「はりまかがみ」「加東郡誌」)。【社町史】

御所谷(平家谷)の写真

平家本陣跡モニュメント

「平家物語」によると、源義経の率いる軍勢一万余騎は、丹波路を下り、平資盛を中心として三草山の麓に守備する約三千騎の平家軍陣地を夜襲した。攻撃は明日であろうと油断していた平家軍に対し、数の上でも勝る源氏軍は一挙に陣を破り、資盛は讃岐国屋島(香川県高松市)へ敗走し、義経はその後、鵯越(神戸市長田区)へと向かったという。【平家本陣跡モニュメント碑文】

平家本陣跡モニュメントの写真

弁慶の力石

「弁慶の力石」には、弁慶が薙刀あるいは錫杖で突いてあけたという直径10cmほどの穴(凹み)がある。大正期には付近の茶店で「力餅」という餅を売っていたという。【社町史】この石は、今は半分地中に埋められた状態で立っていますが、元は道ばたに横というか平に寝た状態であったそうです。【ブログ「ふるさと加東の歴史再発見」】

三草山

三草山の写真1

三草山は標高四二三.九m。寿永三年(一一八四年)、源義経が三草山西の山口に陣取る平資盛を夜襲した「三草合戦」で有名な山です。現在は東側から、畑コース、鹿野コース、三草コースと三ヶ所の登山道がつき、年間を通じて月例登山も行なわれています。【三草登山口標識】

三草山の写真2

いくさ野かなし池

義経の奇襲によって敗れた平氏が、このあたりまで逃げてきて、侍女らが悲しみのうちに池の畔で水を飲んで喉を潤したと伝えられる「かなし池」。現在は圃場整理で池は田圃になっています。【ブログ「ふるさと加東の歴史再発見」】

いくさ野かなし池の写真2
いくさ野かなし池の写真1

薬師堂

下三草の阿弥陀堂の旧地には、平家の侍、矢兵衛宗清が一門の戦死者のために建立した五輪塔がかつてあったが、その後、阿弥陀堂と共に薬師堂に移したという伝承がある。現在、字「東山」の丘陵上にある薬師堂の前に数基の五輪塔・宝篋印塔が並んでいる。【社町史】

薬師堂の写真

喜田(宝厳寺)

下三草の西の喜田には平家ゆかりの寺があり、いくさに敗れた平家の武士をかくまったが、取り囲んだ源氏軍の引き渡し要求に応じなかったため、焼かれたという伝説が残っている。【社町史】

喜田(宝厳寺)の写真

ひゃくはた(ひゃくはったい)

社郵便局の東方一帯を「ひゃくはったい」(百旗立)というのは、源氏の旗印である白旗を一〇〇本立てて休んだためと伝える。【社町史】

百旗(百旗立)の写真

佐保神社

義経軍は、三草合戦の後、軍兵をこの神社に集めて体制を立て直し、土肥実平に主力軍を預け、西の砦である一ノ谷に向かわせました。自らは、少数の兵を率いて朝光寺から掎鹿寺に入りました。【ブログ「源平合戦と源氏物語の史跡を訪ねて」】

佐保神社の写真

山氏神社(義経お手植えの松)

三草合戦で勝利した義経が、社村の豪族多田将監の屋敷で一日だけ休み、一の谷へ向けて出発したそうです。その時、今は山氏神社の境内になっている多田屋敷の中に、義経が自ら植えたとの伝承の松があります。【社町史】

山氏神社(義経お手植えの松)の写真2
山氏神社(義経お手植えの松)の写真1

東実の佐保神社

東実の佐保神社に伝わる「佐保神社記」(「兵庫県神社誌」中巻)によると、三草合戦の際の兵火で社伝が全焼したため、祭主の三郎太夫は賀西郡河内村(加西市)に避難したが、文治元年(一一八五)小部野(加東市野村)まで戻り、同五年になってようやく由羅野(現在地)に遷宮がかなったと伝える。【社町史】

東実の佐保神社の写真

字げんじ下川源氏橋(九郎橋)

社市街地の南の谷筋に小さな川が流れている。この辺りの字名を「げんじ」といい、ここを流れる小川は、下川というが、もともと白川といい、源氏軍が米を洗ったために白く濁ったたことから、そう呼ばれたたという話もある。この川にかかる橋を「源氏橋」、「九郎橋」という。【兵庫教育大学附属中学校 社会科公開授業資料】

字げんじ下川源氏橋(九郎橋)の写真

源ガ坂

九郎橋の南にある小さな坂を源ガ坂ともいう。【兵庫教育大付属中学校社会科公開授業資料】

源ガ坂地図

朝光寺

義経の命を受けた、「火付け隊」は三草山を襲い、ついでに権現山の朝光寺を焼いた。火付け判官という異名で義経が呼ばれるようになったのも、この戦いで必要以上に火を付けまわったからだろう。【播磨三草山】

朝光寺写真

弁慶の投げ桜

弁慶については、上久米に「弁慶の投げ桜」伝説がある。三草合戦のあと義経軍が掎鹿寺(掎鹿谷)に向かう途中、上久米の千鳥川畔で弁慶の頭に枝が当たったので、弁慶がその枝を折って投げつけたところ、地面に突き刺さった枝から根が生えて大きな桜の木になったという話である。【社町史】

弁慶の投げ桜写真

ひしかじ

三草山の砦を攻めつぶした義経は、道を久米谷にとり、掎鹿寺(掎鹿谷)で軍勢を揃え、一ノ谷の平家を攻撃
する計略を練った。これを「掎鹿谷の戦評定」と呼んでいる。【北播磨の伝説】

掎鹿寺写真

渡瀬

掎鹿寺から一ノ谷を目指した義経軍は、渡瀬(三木市)経由で進んだともいわれる。【作者記載】義経が進んだルート(県道二〇号線)には、伝説によると、一ノ谷に向かう義経軍が篠原神社(三木市)を通り過ぎようとしたところ、弁慶の軍馬が急にうずくまって動かなくなったので、この篠原神社に参拝して不敬を詫びたところ、ふたたび馬は立ち上がり歩き出したとのこと。【ブログ「一ノ谷めざし神出鬼没!義経、播磨路を往く」】

渡瀬地図
ページトップへ